不動産売却で検討したいリノベーションとは?費用の相場はいくら?

不動産売却で検討したいリノベーションとは?費用の相場はいくら?

相続した家が老朽化しておりなかなか売れないなど、不動産売却でお悩みの方のなかには、リノベーションをご検討中の方もいらっしゃると思います。
リノベーションは室内を刷新し、不動産の魅力を上げる効果がありますが、それでも場合によっては売れ残ってしまう可能性があるので注意が必要です。
そこで今回は東京都町田市を中心に不動産売却をご検討中の方に向けて、リノベーションとはどのようなものなのかご紹介いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるリノベーションとは

リノベーションとは現在のライフスタイルや家事動線から考えて、間取りを全体的に改修することをいいます。
似たような言葉に「リフォーム」がありますが、こちらは古くなった内装や設備などを修繕し、きれいな状態に戻すことをいいます。
リフォームよりもリノベーションのほうが大掛かりな工事になるので、メリットとデメリットを理解して慎重に判断しましょう。

不動産売却でリノベーションをおこなうメリット・デメリットとは

リノベーションをおこなうと、新築や築浅物件を希望する購入者に売り込みやすくなります。
内装がきれいなので内覧時に好印象を与えることができ、立地などその他の条件も良ければ、高額での不動産売却も見込めるでしょう。
一方販売価格を高くして工事費用を回収しようとすると、高額すぎる点が購入者から敬遠されてしまい、売れ残ってしまう可能性があります。
またデザインが買主の好みに合わないと購入を断念されるケースもあるので、不動産売却では一般的に好まれるデザインを選びましょう。

弊社では社内に建築事業部があるため、ワンストップでご提案が可能です!

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリノベーションをおこなう際の費用

リノベーションにかかる費用の相場は、一戸建てとマンションとで異なります。
1㎡あたりの相場は、一戸建ての場合は25万円程度、マンションの場合は15万円程度が目安です。
ただし1981年以前に建てられた一戸建てのなかには耐震基準を満たしていないものもあり、その場合は耐震改修費が追加で必要になります。
また水回りの改修は家の広さに関わらず、ある程度の費用がかかるので、マンションの場合は住戸が小さいほど1㎡あたりの単価が高くなる点にも注意が必要です。
高性能な設備やハイグレードの建材を選ぶとさらに費用がかるので、予算を決めたうえでどのようなリノベーションをおこなうかを考えましょう。

工事期間中は不動産売却ができない点に注意!

リノベーションをおこなうと、工事期間中に不動産売却ができない点に注意が必要です。
工事期間はおよそ2.5か月~3か月程度で、大規模な工事をおこなう際はさらに工期が長くなります。
早期売却を希望される場合は、予定どおりに工事が進まないとその後の計画も後ろ倒しになってしまうので、しっかり計画を立てることも大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

リノベーションは不動産の魅力を高める一方、早期売却や費用の回収が難しくなるので、お持ちの不動産に合わせてスムーズな売却につながる方法を検討しましょう。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。

合わせて、一級建築士事務所としてリフォーム・リノベーションのご提案、施工も可能です。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

縄稚 宏平の画像

縄稚 宏平

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー2級技能士(AFP) 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー

決めたことは最後までやり抜きます!

縄稚 宏平が書いた記事

売却査定

お問い合わせ