「古家付き土地」とは?古家付き土地で売却するメリットもご紹介

「古家付き土地」とは?古家付き土地で売却するメリットもご紹介

空き家状態の古家を所有している場合は、そのままの状態で売却したほうが良いのか、更地にしたほうが良いのかなど迷うのではないでしょうか。
そこで、不動産売却をご検討中の方に、古家付きの土地とは何か、また古家付きで土地を売却するメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい「古家付き土地」とは?

古家付き土地とは、築年数が古く建物自体に経済価値のない古い家が、建ったまま売り出されている「土地」のことを指します。
古家と中古住宅の明確な線引きはありませんが、木造住宅の耐用年数は22年と定められていることから、築20年以上の木造一戸建て住宅は「古家」として扱われることが多いです。
また、建物の損傷がひどく、取り壊しの必要がある建物も古家として表現されることがあります。
ただし、住居としての利用価値がある場合は、土地としても中古住宅としても販売することが可能です。
一般的に「古家付き土地」は、不動産の分類では「土地」にあたり、土地を購入したい方に向けて売り出す場合に使われます。
また、広告上では更地の土地と区別するために、そのように表現されるのが一般的です。
古家付き土地以外にも、「古屋付土地」「廃屋付土地」「上物付土地」「土地(古家あり)」と表記されることがあります。
一方で、「空き家」とは1年以上誰も住んでいない家のことです。
中古住宅や空き家は、古家と違って住居としての価値があり、売価がつく建物を指します。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

古家付き土地で売却するメリット・デメリットとは

古家付き土地で売却をご検討中の方は、メリットだけでなくデメリットを確認しておく必要があります。

メリットとは?

  • 解体費用がかからない
  • 固定資産税を節税できる
  • 定期的な管理が不要になる
  • 買主は建て替え後のイメージがしやすい

古家付き土地で売却すれば、解体費用を負担せずに売却できたり、空き家を管理する必要がないため維持費も必要なくなります。
また、更地にした場合は固定資産税の特例が適用されませんが、土地の上に建物が建っていることで、住宅用地の特例により節税対策となります。
買主側も、建物が建っていることで、建て替え後の家の配置などをイメージしやすいといった古家付き土地を買う場合ならではのメリットがあります。

デメリットとは?

  • 買主が見つかりにくい
  • 売却価格が安くなる

買主は解体や建て替え工事をする必要があるうえに、解体費用がかかるために更地よりも買主が付きにくく、売却額も安くなるといったデメリットがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

古家付きの土地を売却すると、解体費用や維持費が不要となるなどメリットはありますが、売却しにくいなどのデメリットもあります。
古家付きの土地での売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

縄稚 宏平の画像

縄稚 宏平

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー2級技能士(AFP) 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー

決めたことは最後までやり抜きます!

縄稚 宏平が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ