住みながら不動産売却をおこなうメリットとは?注意点についても解説

住みながら不動産売却をおこなうメリットとは?注意点についても解説

この記事のハイライト
●住みながら不動産売却をおこなうメリットは、売却金を住宅ローンの返済や新居の購入資金に充てられること
●売却活動と新居探しは同じ不動産会社に依頼して同時に進めるのがおすすめ
●内見時に良い印象を持ってもらうことが、売却を成功させる秘訣

住み替えをしたいけれど、「今住んでいる家のローンが残っているから無理だろう」と諦めている方はいらっしゃいませんか。
住宅ローンが残っていても、売却金で完済できれば問題ありません。
しかしその場合は、自宅に住みながら売却を進めることになるため、注意点や秘訣を事前に把握しておくと安心でしょう。
そこで今回は、住みながら不動産売却をおこなうメリット・デメリットや、知っておくべき注意点について解説します。
売却を成功させる秘訣もお伝えしますので、東京都町田市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をおこなう方法とメリット・デメリット

住みながら不動産売却をおこなう方法とメリット・デメリット

今住んでいる家の売却をおこなう際、次の2つの方法があります。
買い先行
新居を先に決めて引っ越したあとに、住んでいた不動産を売却する方法で、「買い先行」と呼ばれています。
この場合は、不動産を空っぽの状態にしてから売却活動をおこなうことが可能です。
売り先行
住宅ローンが残っていて、返済に充てる自己資金も多くない場合、新居探しよりも自宅の売却を優先しなければなりません。
これを「売り先行」といいます。
この場合は、自宅に住みながら売却をおこなうことになります。
しかし「不動産は住みながら売却できる」とわかっても、新築住宅や空き家を購入した方はイメージしにくいかもしれません。
そこでまずは、自宅に住みながら売却をおこなうとどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

自宅に住みながら売却をおこなうメリット

住みながらの不動産売却には、次のようなメリットがあります。
売却で得たお金を資金計画に組み込める
売却で得たお金を、住宅ローンの返済や新居の購入資金などに充てることができます。
したがって、「手元に資金がない」「住宅ローンが残っている」といった場合でも、住み替えをおこなうことができるのです。
購入検討者に生活の具体的なイメージを持ってもらえる
不動産の売却活動中、内見希望者が現れたら、生活している状態を見てもらうことになります。
家具や小物などが置かれているため、内見者は生活のイメージがしやすいという点もメリットの一つです。
売主だからこそわかる魅力を伝えられる
住みながら不動産を売却する場合は、内見時に購入検討者と直接話す機会があるでしょう。
そのときに、売主だからこそわかる物件の魅力や、周辺の情報などを直接伝えることができます。

自宅に住みながら売却をおこなうデメリット

住みながらの不動産売却には、次のようなデメリットもあります。
内見の準備をおこなう必要がある
住みながらの不動産売却と空き家の売却の大きな違いは、内見時の売主の負担です。
住みながら売却する場合、生活している状態で内見者を迎えることになります。
日頃からきれいに清掃をおこない、内見の準備をしておかなければなりません。
生活感が出すぎるとイメージダウンする可能性がある
先ほどもお伝えしましたが、内見者に生活のイメージを持ってもらえることは住みながら売却するメリットの一つです。
しかし、生活感が出すぎている家は、イメージダウンする可能性があります。
たとえば洗濯物が散乱している、タバコやペットのにおいが染み付いているといった状態では、なかなか売却につながらないでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却におけるインスペクションとは?目的や費用を解説

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をおこなう際の注意点

住みながら不動産売却をおこなう際の注意点

では、実際に住みながら不動産を売却する場合、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
ここではいくつか注意点をお伝えしましょう。

注意点①急に内見を希望されることがある

いつ購入検討者から内見を希望されるかわかりません。
たとえば「今日の夕方見せてもらえませんか?」と急に連絡が入ることもあります。
そのような場合でもできる限り対応するように心がけましょう。

注意点②引き渡し日までに新居を見つける

売り先行の場合、引き渡し日までに新居が見つからなかった場合、賃貸物件などで仮住まいをしなければなりません。
その場合、家賃がかかるだけでなく、引っ越しも2回おこなうことになります。
余計な出費を抑えるために、売却活動と新居探しは同時に進めることをおすすめします。
またそのためには、同じ不動産会社に不動産売却と新居探しを依頼したほうが、スムーズに住み替えができるでしょう。
弊社は、すぐに売却価格を試算したい方のための「不動産査定」や、売却に関するご相談を無料にてご利用いただけます。
新居探しもお手伝いいたしますので、住み替えをご検討の際は弊社までお気軽にご相談ください。

注意点③内見中はなるべく室内にいないようにする

住みながら不動産売却をおこなうと、物件の魅力を内見者に直接伝えられる点がメリットの一つです。
ただし、内見者がゆっくりと見学できるように、内見中ずっとついて回るのは避け、なるべく室内にいないほうが良いでしょう。
見学後、内見者から質問があれば応じ、その際に魅力を伝える程度がおすすめです。
アピールしすぎるのは逆効果になるかもしれません。

こちらの記事も読まれています|不動産売却におけるインスペクションとは?目的や費用を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産に住みながら売却を成功させる秘訣

不動産に住みながら売却を成功させる秘訣

それでは最後に、住みながら売却を成功させる秘訣をお伝えしましょう。

内見時の印象を良くする

内見時の印象は、内見者が購入を決めるうえでの大きなポイントです。
つまり、内見時に良い印象を持ってもらえれば、売却成功につながる可能性がアップするのです。
掃除や整理整頓はもちろんのこと、内見当日は換気をしたりエアコンなどで室温を調節したりと、気持ち良く見学できる空間づくりを心がけましょう。
また、内見者を迎える際の売主の対応も大切です。
自宅に住みながらとはいえ、部屋でくつろぐような服装は避け、お客様を迎えるような気持ちで対応しましょう。

多くの方に興味を持ってもらえるように工夫をする

多くの方に物件の魅力を知ってもらうためには、内見数を増やすことも大切です。
数ある物件のなかで興味を持ってもらうために、チラシに魅力をアピールできるような写真を多く載せるなど、広告に工夫をしましょう。
また、周辺環境の良さをアピールするなら、「買い物に便利」「治安が良い」など、安心して暮らせる立地であることを文言にして広告に添えるのもおすすめです。

土日は内見用に空けておく

不動産を探している方の多くは、土日に内見を希望されます。
内見希望者の予定に合わせられないと、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。
したがって、売却期間中は、できるだけお出かけの予定を入れないように心がけ、土日は内見対応のために空けておくようにしましょう。
このように、住みながらの売却は、多くの方に内見に来てもらい、購入の後押しをするような対応が大切です。
ちょっとした工夫や心がけで、売却成功につながる可能性がアップするのです。
また内見数を増やすためには、不動産会社のサポートが必要です。
不動産会社の担当者と綿密な販売戦略を立て、早期の売却成功を目指しましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却におけるインスペクションとは?目的や費用を解説

まとめ

住みながらの不動産売却は、売却金を住宅ローンの返済や新居の購入資金に充てられることが大きなメリットです。
また内見時に良い印象を持ってもらうことが、売却につなげる秘訣です。
今回ご紹介した注意点や秘訣をしっかりと押さえて、住みながらの不動産売却を成功させましょう。
株式会社ホームリーダー町田支店は、東京都町田市で不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様のご希望に沿った販売方法をご提案しますので、不動産売却をご検討の際は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

縄稚 宏平の画像

縄稚 宏平

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー2級技能士(AFP) 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー

決めたことは最後までやり抜きます!

縄稚 宏平が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ