セットバックが必要な物件の売却は注意が必要!概要や注意点をご紹介

セットバックが必要な物件の売却は注意が必要!概要や注意点をご紹介

セットバックは建築基準法で定められているルールの1つです。
もし、売却を考えている物件がセットバックが必要な物件であれば、いくつかの注意点が出てきます。
ここでは、セットバックの概要にくわえ、セットバックが必要である物件の売却における注意点をご紹介します。
東京都町田市で売却を考えている物件がセットバックが必要であるかどうか知りたい方、セットバックが必要である物件売却の注意点を知りたい方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

物件売却の際に知っておきたい、セットバックとは?

セットバックは英語で「後退させる」といった意味です。
ですので、物件においても後退させることがセットバックと言われます。
なぜそのようなことが必要なのかというと、建築基準法では道路の幅員が4m以上と定められているからです。
たとえば、敷地の目の前の道路の幅員が4m以下であるとします。
そして、敷地ギリギリに物件を建設してしまうと幅員4m以上が保たれませんよね。
ですので、敷地内ではありますが、道路よりも後退した部分に建設することで4m以上を保つのです。
セットバックとはこのような状態のことを指し、後退した部分のことをセットバック部分と呼びます。
また、セットバックが建築基準法によって定められている理由は、緊急車両の通交や災害時の避難をスムーズにおこなうためです。
よって、セットバックは道路の幅員を4m以上に保つために物件建築を後退させることであり、目的は緊急車両や避難のスムーズさを実現するためになります。
セットバックの内容と目的はこのようになっていることをご認識ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

セットバックが必要である物件を売却する際の注意点

セットバックが必要である物件の売却時にはいくつかの注意点が出てきます。
ここでは2つの注意点をご紹介しますので、ぜひご確認ください。

注意点①敷地面積の除外

不動産売却では容積率(物件の広さが土地の広さに占める割合)の計算をおこなうことがあります。
その際、セットバック部分の面積は容積率の計算に含まれません。
また、物件を解体して売却する場合、買い手がそのことを知らないと違法建築を建ててしまいトラブルとなる可能性もあります。
セットバック道路として扱われることにご注意ください。

注意点②セットバック部分は駐車できない

セットバック部分はスペースが空いているため駐車できそうな環境になっています。
しかし、前述のとおりセットバック部分は公共の道路として扱われるものです。
物件の売却時にはその旨もしっかりと伝えていきましょう。
このようにセットバックが必要な場合は売却にやや不利になりやすいです。
売却が難しい場合は買取も検討していきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

ここでは、セットバックの概要にくわえ、セットバックが必要な場合の売却における注意点をご紹介しました。
セットバックが必要な場合は通常の物件とは異なった注意点があります。
それらをしっかりと把握し、売却をスムーズに進めていきましょう。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

縄稚 宏平の画像

縄稚 宏平

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー2級技能士(AFP) 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー

決めたことは最後までやり抜きます!

縄稚 宏平が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ