不動産を任意売却するメリットと流れをご紹介!

不動産を任意売却するメリットと流れをご紹介!

住宅ローンの滞納により、自宅などの不動産を売却することをご検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は不動産売却をご検討中の方に、任意売却とは何か、またそのメリットと流れについてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンなどの返済が滞ってしまい、支払いの目途が付かなくなってしまった場合に、銀行の同意を得て売却する方法です。
通常、家を売却する際はローンをすべて返済してからおこなう必要がありますが、任意売却では残債がある状態で売却することができます。
また、不動産の売却金額よりも残債金額のほうが上回ることが多いですが、任意売却後は無理のない返済ができるように、金融機関が相談に応じてくれます。
一方で、住宅ローンを返済できなくなった場合に、競売と呼ばれる売却方法もあります。
競売は所有者の意思とは関係なく金融機関が抵当権を行使し、物件を差し押さえた後、強制的に売却することです。
金融機関としては少しでも残債を回収したいため、売却後は強制退去となってしまいます。
このように、競売は所有者の意思とは関係なく強制的に売却されてしまうため、おすすめできません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却するメリットとは

では、任意売却にするメリットをご紹介していきます。

市場価格に近い価格で売却できる

通常と同じ不動産取引により売却するため、競売よりも市場価格に近い価格で売却することが可能です。

競売よりも早く終わる

競売による売却の場合は、手続きに時間がかかり早くても6~7か月、物件によっては2~3年かかることもありますが、任意売却の場合は短期間で売却することが可能となります。

近所など周囲に知られず売却できる

任意売却は、通常の不動産取引での売却となるため、住宅ローンの滞納による売却だとは知られずに自宅を売却することができます。
一方で、デメリットはローンを滞納することで信用情報機関に登録される(ブラックリスト)可能性があり、その後ローンを組むことが難しくなることです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却する際の流れとは

任意売却をする際の流れは次のようになります。

  • 不動産会社に査定依頼
  • 任意売却することを債権者と交渉
  • 売却活動を開始
  • 買主との売買契約締結
  • 売買代金による残債への対応

任意売却の際も通常の不動産取引と同じですが、債権者との交渉や売買代金による残債の返済が必要になります。
また、任意売却では残債が残るケースが多いため、債権者と返済方法について相談する必要があるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を任意売却するメリットとその流れについてご説明してきました。
住宅ローンなどでお困りの方は、ぜひ参考になさってはいかがでしょうか。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

縄稚 宏平の画像

縄稚 宏平

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー2級技能士(AFP) 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー

決めたことは最後までやり抜きます!

縄稚 宏平が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ