土地を売却する際おこなう測量の目的とは?かかる費用もご紹介

土地を売却する際おこなう測量の目的とは?かかる費用もご紹介

土地を売却するとき、測量をおこなうことがあります。
測量はなぜおこなうのか、疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで東京都町田市で不動産売却を検討中の方に向けて、測量をおこなう目的とかかる費用、また隣地所有者が不明のときどうしたら良いかご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地売却の際におこなう測量とは

土地を売却する際、正しい面積を把握するためにおこなわれるのが測量です。
測量してから長く経つと境界があいまいになっていたり、面積が変わっていたりします。
そのため正しい面積を知るために、また境界を明確にするために測量がおこなわれます。
ただ、すべての場合において測量をしなければならないわけではありません。
測量が必要なケースとは、以下のような場合です。

  • 境界があいまい
  • 地価の高い土地
  • 土地の一部に抵当権を設定するとき

また、測量は測量と登記業務ができる土地家屋調査士に依頼しておこないます。
土地家屋調査士は不動産会社がご紹介することが多いですが、ご自分で探して依頼をおこなうのも可能です。
測量は以下のような流れでおこないます。

  • 資料集め・隣地の持ち主に協力依頼
  • 事前調査(法務局など)
  • 現況確認・境界確認・測量実施
  • 境界標を設置
  • 確定測量図と境界確認書を作成

境界確認は、隣接する土地所有者と道路や水路の管理者など関係者が立ち会います。
また、土地家屋調査士が作成した確定測量図と、隣地所有者同士が合意したことを示す境界確認書によって、境界が確定します。
測量にかかる費用は10万円から20万円が一般的な相場ですが、条件によっては50万円ほどかかる場合もあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地売却における測量で隣地所有者が不明のとき

土地を売却するとき、隣地所有者が不明の場合があります。
不明の場合、境界立会確認や境界確認書の取り交わしができません。
そのようなときは、筆界特定制度を利用して境界を特定する方法があります。
筆界特定制度とは土地の所有者やその相続人が申請し、調査によってもとの筆界を筆界特定登記官が明らかにすることです。
6か月から1年ほどの期間と費用がかかりますが、公的な判断として筆界が明らかになるので安心です。
しかしすぐに売りたいときや煩雑な手続きが難しいときは、買取という方法も検討してみてはいかがでしょうか。
買取とは不動産会社が直接不動産を買い取る方法です。
買主を探す時間や手間などがかかりませんので、売却までスムーズに進めます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

土地を売却する際におこなう測量の目的や費用、また隣地所有者が不明のときどのように対処したら良いかをご紹介しました。
土地の売却では面積を正しく知るためにも、測量をおこなうのは大切ですね。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

加藤潤の画像

加藤潤

資格:宅地建物取引士

業歴20年以上です。自分自身の経験を基に、お家の売買に関するサポートをいたします。

加藤潤が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ