不動産売却における「残置物」とは?残置物があっても売れる?

不動産売却における「残置物」とは?残置物があっても売れる?

相続した不動産に、家具や家電、生活用品など「残置物」と呼ばれるものが残っていることはありますよね。
不動産売却を考える場合は、残された物によってトラブルが起こる可能性もありますので、処分は誰がするのかなども知っておいたほうが良いでしょう。
そこで東京都町田市の方に向けて、残置物とはどのようなものを指すのか、また残置物があっても売る方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に知っておきたい残置物とは

「残置物」とは、居住していた方が退去のとき残していった家具や生活用品および付帯設備などの私物を指します。
残置物には以下のようなものがあります。

  • 家具:タンス・机・イスなど
  • 家電製品:テレビ・冷蔵庫・洗濯機など
  • 日用品:布団・衣類・食器など
  • 付帯設備:エアコン・照明器具など

また、不動産売却する際、残置物を処分するのは一般的に売主です。
ただ、売主による処分が難しい場合、売買契約書に明記し買い手が処分することもあります。
さらに、不動産売却では残置物が原因でトラブルが起きることもありますので、注意が必要です。
たとえば、エアコンを残したまま売却をして、引渡し後すぐに壊れてトラブルになることがあります。
また、契約では付帯設備としてエアコンを残していると明記していても、売主が持って行ってしまってトラブルになったりする場合もあります。
付帯設備として残していく場合は、動作のチェックや、残すものと持っていく(処分する)ものを確認することが大切です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をするとき残置物があっても売る方法とは

不要品の処分方法と、残置物があっても不動産を売る方法をご紹介します。

処分方法

残置物を処分してから不動産売却をするとき、不要品を処分する方法は複数あります。

  • 処分センターに持ち込み
  • リサイクルショップで売却
  • 残置物撤去業者に依頼

処分センターに持ち込む場合は有料になる可能性があり、金銭的な負担を少なくしたいときはリサイクルショップでできるだけ売るなど工夫すると良いです。
また、自分で処分するのは負担が大きいと考える方は、残置物撤去業者に処分を依頼することも検討しましょう。
費用はかかりますが、持ち込む労力や処分にかける時間を少なくできるメリットがあります。

残置物があっても可能な不動産売却の方法

一般的な売却は残置物のない状態でおこなわれますので、不要品を処分する必要があります。
しかし、「買取」を選べば、残置物があっても不動産を売ることができます。
「買取」とは、不動産会社が直接不動産を買い取る方法です。
一般的な売却価格よりも低い価格で買い取ることが多いですが、残置物もまとめて買取ってくれますので、処分にかかる費用や時間、労力はかかりません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却における残置物とはどのようなものか、また残置物があっても不動産を売る方法をご紹介しました。
相続した不動産を売却する際は残置物を処分してから売るのか、まとめて買取にするのか、まず検討しましょう。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

縄稚 宏平の画像

縄稚 宏平

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー2級技能士(AFP) 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー

決めたことは最後までやり抜きます!

縄稚 宏平が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ