不動産売却は気付かれずにおこなえる?売却活動のポイントは?

不動産売却は気付かれずにおこなえる?売却活動のポイントは?

マイホームを手放す理由はそれぞれですが、住宅ローンの滞納や離婚、リストラなどのネガティブな理由であることも珍しくありません。
そんなときに、周囲の方に売却することを気付かれずに、こっそりと売却することは可能なのでしょうか。
今回は、不動産売却を周辺の住民に気付かれずにおこないたいとお考えの方に向けて、媒介活動や売却活動のポイントをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を気付かれずにおこなうには?媒介契約のポイント

はじめに、不動産売却の大まかな流れとして、査定・媒介契約の締結・売却活動・引渡しがあります。
不動産売却では個人で買主を見つけることは困難なので、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、物件のニーズや売却の状況によって選びます。
専任媒介契約と専属専任媒介契約は、1社としか契約できないのが特徴で丁寧な売却活動が期待できます。
高値売却・早期売却を目指すのであればおすすめです。
しかし、「周囲に気付かれずにこっそり売却したい」という希望があるのであれば、一般媒介契約が無難でしょう。
なぜなら一般媒介契約のみ、レインズ(REINS)に登録義務がないためです。
レインズに登録すると他の不動産会社にも情報が広く公開され、近所の方が不動産を探している場合に知られてしまいます。
複数の不動産会社と契約できる一般媒介契約ですが、やみくもに多くの不動産会社と契約するのはおすすめできません。
多数の不動産を契約すると売却状況を把握することが難しくなるので、信頼できる数社を選んで、一般媒介契約を結びましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を気付かれずにおこなうには?売却活動のポイント

売却活動では、物件情報を公開して、購入検討者が見つかったら物件を案内します。
通常、購入検討者を多く募るためには、インターネットで広告を出したり、近隣にチラシを配布します。
しかし、周辺の住民に気付かれずに売却したいのであれば、情報公開は抑えて顧客リストにある購入希望者や不動産会社に来店された方に直接物件を紹介する方法がおすすめです。
当然、集客が厳しくなり、売却に時間がかかってしまいます。
一般的に売却活動にかかる期間は8か月前後と言われていますが、よほど立地などの条件がよくない限りはそれ以上長引いてしまうでしょう。
売却に時間がかけられない方は、買取を検討するのもおすすめです。
買取は3割ほど価格が下がってしまいますが、1週間程度で売却が可能で、周囲の方にも気付かれにくいです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

周囲の方に気付かれずに不動産売却をするには、一般媒介契約がおすすめです。
売却活動が長引いて、周囲の方に気付かれるのを避けたい方は、買取を視野に入れてみるのもおすすめです。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

加藤潤の画像

加藤潤

資格:宅地建物取引士

業歴20年以上です。自分自身の経験を基に、お家の売買に関するサポートをいたします。

加藤潤が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ