不動産売却後も住める?リースバックのメリットとは?

2022-03-29

不動産売却後も住める?リースバックのメリットとは?

「まとまった資金が必要」「住宅ローンの返済が難しい」などの理由により、売却を検討する方は少なくありません。
しかし、不動産売却には引っ越しがつきものです。
住み慣れた自宅からの引っ越しを避けるために、売却を決断できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめしたいのが、リースバックを利用してする方法です。
リースバックとはどのような仕組みでどんなメリットがあるのか、ご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却後も住み続けられる!リースバックとはどんな仕組み?

リースバックとは、不動産を所有からリースへと切り替えることです。
一般的には自宅である不動産を手放すと、手元に売却資金が入るのと同時に購入者に物件を引き渡すために引っ越ししなければなりません。
しかしリースバックを利用すれば、売却資金を手元に置きながら引っ越しをせずに住み続けることが可能です。
いわば貸借付き売却のことで、専門業者に買い取ってもらい賃貸借契約を締結後、家賃を支払うことで売却後も住み続けられるという仕組みです。
同じように自宅に住み続けながら資金を調達する方法として混同されがちな、リバースモーゲージとは異なる仕組みとなりますので注意してください。
リバースモーゲージとは所有権は移らず、不動産を担保にお金を借りる方法です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

リースバックを利用して不動産売却するメリットは?

リースバックを利用して不動産売却をおこなう最大のメリットは、引っ越しが必要なく、売却後も自宅に住み続けられることです。
引っ越しの必要がないため、通勤や通学に支障がでることはありません。
売却したことが周囲に知られる可能性も低いため、余計な詮索を受けることもないでしょう。
引っ越しの必要なく、まとまった資金を手に入れられることはとても大きなメリットといえます。
また、所有権が移るため、固定資産税などの支払い義務もありません。
将来的には買い戻しができる点も大きなメリットの1つです。
しかし一方で家賃を支払わなければならず、結果的に売却価格よりも高い金額を支払うことになったという事例も少なくはありません。
住宅ローン残債が多い場合は、金融機関がリースバックを認めないこともあるでしょう。
必ずしも利用できる制度ではない点についても、頭に入れておいてください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

リースバックとは、所有からリースに切り替えることにより不動産売却後も自宅に住み続けられる制度です。
売却によりまとまった資金が得られ、引っ越しの必要もないという大きなメリットがあります。
固定資産税などの支払いも必要なくなりますが、毎月の家賃は支払わなければなりません。
住宅ローン残債がある場合には、金融機関の許可も必要となりますので注意してください。
私たち「ホームリーダー町田支店」では、東京都町田市を中心に不動産の売却をサポートしております。
空き家・空き地の処分や相続した物件についてのお困りごとも、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-728-0666

営業時間
9:00~18:30
定休日
無休(交代制)

売却査定

お問い合わせ